しっかりとした床 | 建築随想「仙芳丸航海日誌」
ヤマグチ建築デザイン
しっかりとした床

工場や倉庫の雰囲気を個人住宅に取り入れたり、工業用品を身の回りの日用品に取り入れる事例が相次いでいる。倉庫風なカフェや倉庫風なオフィスなどは、珍しいものではなくなってきた。100円ショップの品揃えでは、モダンな装いの白い陶器やミッドセンチュリーに端を発する樹脂製の容器などが、かつては幅を利かせていたが、最近では、金属の各種製品が相当な広がりを見せている。これらは、「インダストリアル スタイル」と分類しても良さそうだ。机の上のペン立てを「ホーロー看板」のような雰囲気にプリントされたモノを使ってみたり、いわゆるブリキ製(亜鉛めっき)の小さいバケツとかは、それこそ、大量に生産されている。

100円ショップにあるものは、本物ではなくて、「○○風」「○○スタイル」と呼ばれるものだろうが、本物のインダストリアルを日常に組み入れた時の違和感を楽しみ、その本物感を味わっていた先人が独特の価値観を広げていった結果が、現在の「インダストリアル スタイル」につながっている。何にしても、「本物」が先にあり、それに影響を受けた「商品」が後になってできるものだ。

 

これら本物のインダストリアルが好まれた背景には、既存の商品群には、売るために差別化を図ろうとする匂いが、商業的な付加価値をつけようとする思惑が感じられるなかで、インダストリアルな製品たちには、その「匂い」が見つからなかったという状況があったのだろう。商業的な付加価値に拒否反応を示し、売るために価値観を捏造した商品に「No」を言い渡したのだ。インダストリアルな製品というのは、もともと、特定の場所と特定の目的のために作られたものであって、「売るため」に作られたものでは、ないからだ。「売るため」の商品ではなく、「使われるため」に作られたものだ。

それは、かねてから言い続けている日本の民家の伝統建築にも、もちろん通じるものがある。民家というのは、人々の生活の中で何度も試され、練られた結果、数え切れない幾つもの実地試験をくぐり抜けた結果、生き残った精鋭構法の総体なのであるから、それは「売るため」の商品ではなく、「使われるため」に作られたものだ。

 

「売るため」の商品ではなく、「使われるため」に作られた商品が好まれる、ということは、この時代では必然だと思う。人口が増え続け需要が鰻登りに高まっていった時代では、何を作っても売れたから、何を作ろうか、どのように作ろうか、という発想は希薄になり、売るにはどうすれば良いかという短絡的な思考に陥りやすい。しかしながら今日のように、人口は減り税収は減り、需要は減り、需要を掘り起こしながら新たな販路を見出さなければならない状況の中では、「作れば売れる」というかつての状況は存在しない。つくる側の論理、ではなくて、使う側の論理でよくよく練られたものだけが、飛距離を持って、個人の手に渡っていくのだ。いや、本来は、そうではなかったか、人の生活から、人の必要から、物が生み出されて行き、それの積み重ねで洗練されて行く、本来はそういうものだったはずだ。

 

その意味において、一個人の振る舞いに置き換えれば、他者が求めることをするのではなくて、自分がしたいこと、好きなことをやり続けるというのは、良い生き方だと思う。自分が他者に気に入られる(「売るため」)ことを先に考えたり、嫌われることを恐れたりするのではなくて、自分がしたいように自分が生きたいように生活を続けていくというのは、一見、子供っぽいと受け取られることだが、いろいろなことを分かった気になって、「世の中はそういうようになっているのだ」と(わかりもしないのに)自分に言い聞かせつつ、言いたいことも言わないで、過ごしているよりも、よっぽど気持ちの良いことのように感じる。物分かりの良い大人になるよりも、「子ども心」を持って世の中を生きていくほうが、良いのではないか。楽しいことをやり、失敗してもまたやり続ければいいのだ。

 

そんなことを考えながら、現在工事中の物件や現在設計中の物件を眺めていると、そこには、毎回登場している黒色のモルタルで塗られた、しっかりとした床があることに思いが至った。倉庫が好まれる理由には、しっかりとした床がそこにあることが、かなり重要な要素になっている。うつろい易く、確かな指針を持ちにくい現代にあっては、確かなものに対する依存度は高まっている。古い倉庫の床というのは、ひび割れやシミのついたコンクリートの床が大半だが、そういった床こそが愛される時代になっている。

 

| 00:05 | comments(0) | - |

Comment












New Entries
Recent Comments
Archives
Category
Link
Search this site.
qrcode



NEWS&BLOG・建築随想
UP