左官棟梁・大西喜久治 | 建築随想「仙芳丸航海日誌」
ヤマグチ建築デザイン
左官棟梁・大西喜久治
昨日、伯父夫婦から左官棟梁だった祖父・大西喜久治のことを、改めて聞きました。母方の祖父です。喜久治さんは、私が生まれる前に亡くなっていたので、父方の祖父(こちらは漁師)のようには、直接話をしたことはなく、母が間接的に語る内容でしか、喜久治さんのことを知ることはできませんでした。しかも、母は四人兄妹の末っ子だったので、接する時間が少なくて話に具体性がなく、だいたいにおいて、「これこれだった、らしいよ」みたいな語り口でした。そこに、良いタイミングで、母よりも7歳年上の伯父に話が聞けた、というのが、昨日の話です。

「左官棟梁」とは、聞き慣れない言葉かもしれませんが、蔵などの左官仕事が大部分を占める建物を作る時には、大工よりも左官の方が主導権を握り、その工事を取り仕切ることから、そのように呼ばれています。
左官棟梁ともなると、地域の主だった蔵や数奇屋造りなど、左官の技能が求められる物件を数多くこなしていたようです。塩田王の野崎家(国の重文)、下津井の荻野家(倉敷市の指定保存地区内の主要物件)など、地元の名主の家屋で仕事をしていたとのことで、叔父は写真の蔵の補修工事(建設は明治初期)の際に、この現地に手伝いに来ていたことをよく覚えているとのことでした。
久しぶりに会った伯父は、非常に熱く、そして幸せそうに語っていました。

客観性、合理性、経済性というモノサシを持つ近代社会のなかでは、仕事の仕方を身体で覚えている職人などの歴史は、顧みられることはありません。それは身体を動かすことによってしか再現不可能な技能なので、弟子入りして師に就いて教えてもらうより他はなく、それは近代モノサシである「知性」という視点からは、「見えない歴史」となっています。仮に見えたとしても、事実関係を淡々と並べるだけで、そこには、生きて汗をかいた人間の姿を見つけ出すのは、難しいのです。
それは、「産業」的ではなく、「工業」的でもありません。産業化された住宅からは、排除される部類に当たるのが、左官職人であり、左官棟梁です。「金融(保険含む)」「IT」「医薬品(医療含む)」など、「知性」によって最大化最適化されている業種には、利益配分が多く、このうちの「金融」によって、今の日本の住宅産業は、左右されるところが多いのはご存知の通りです。
特に1990年以降、近代社会の危うさを指摘する声は現代思想の分野では、数多く挙げられており、近代ヨーロッパが生み出した思考に対しては、今日では、挫折感を伴わずに語ることの方が難しくなっている昨今ですが、どうやら、日本の住まいの現状は、いまだに、近代から抜けきらず、戦後の断絶の中をさまよっているようです。

戦後日本の住宅は、工法の激変に伴い、落ち着かない出で立ちで、不釣り合いな衣裳をまとわされて、未だにそこここで建築されていますが、銀行の都合に自分たちの生活を左右されるのではなく、普通の人たちが、自分たちの住まいに満足し、幸せに暮らせることが大事であり、戦争によって断絶された建物ではなく、室町から続く日本の民家の延長にこそ、生活の知恵があり、古くて新しい発見を与えてくれるものであること、そのために、これからも全力を尽くそう、そのように感じられた伯父との時間でした。

| 01:51 | comments(0) | - |

Comment












New Entries
Recent Comments
Archives
Category
Link
Search this site.
qrcode



NEWS&BLOG・建築随想
UP