民家に学ぶ、先人に学ぶ。 | 建築随想「仙芳丸航海日誌」
ヤマグチ建築デザイン
民家に学ぶ、先人に学ぶ。
幾多の先人の知恵を、そのまま拝見できるのは、ありがたいことです。無限に近い無名の方々のチェックをくぐり抜けて、この世に造られてきたのが、古民家と呼ばれるものです。
戦後の住宅しか知らない人が、世の中の大半となってきているなか、古民家をベースにした現代の住宅を作り続けようと、心を新たにしました。


東海道の二川宿では、商家の「駒屋」の基本調査に参加させていただき、また今回、赤阪宿の旅籠(旅館)「大橋屋」の調査に参加させていただきました。大橋屋は、日本でただ一つ、現在も、宿場町での旅館業を続けているところです。



また、近江八幡では、心の師であるヴォーリズの建築に15棟ほど触れて来ました。おもえば、僕の建築人生は、ヴォーリズから始まり、今に続いています。建築を通して社会で生きていくという一つの理想を、彼を通じて知ることができました。あれから二十年以上が経ちましたが、初心に返るひとときとなりました。
| 00:33 | comments(0) | - |

Comment












New Entries
Recent Comments
Archives
Category
Link
Search this site.
qrcode



NEWS&BLOG・建築随想
UP