お花見 | 建築随想「仙芳丸航海日誌」
ヤマグチ建築デザイン
お花見
先日、春休み中の長男とお花見に行きました。
下津井には「下津井城」というお城が江戸時代初期にあり、その跡地が公園になっています。





とても奇麗でした。桜を見ると、心までが晴れやかな気持ちになります。
4月は異動の多いシーズンですが、桜があるお陰で心が明るくなったという方が、私の周りにも何人かいる程です。

この公園は、ただ桜があるだけではなく、山の上から瀬戸内海と瀬戸大橋が見渡せて、とても気持ちの良い場所になっています。
オススメです!
| 23:43 | comments(2) | - |

Comment
コメントありがとうございます。
中田さんのブログはとても内容が濃くてまだ読みこなせていませんが、ぼつぼつ拝読させていただきます。
わたしも生家が空き屋になっていますので、あの地区にはこれからも関わり続けるつもりです。
最近調べて分かったのですが、下津地区では年間100人ペースで、人口が減っているようです。下津井を除く児島地区の、実に三倍のスピードです。

(気付くのが遅れて失礼しました。)
Posted by: 山口晋作 |at: 2014/04/23 2:41 PM
こと、下津井田之浦のタコ漁師の息子、中田です。
このたびはブログにコメント、ありがとうございます。

しがない貧乏漁師の息子の、これまたしがない鷲羽山の山道清掃人ですが。
元鷲羽山ハイランド社員であった「ちくわ笛のあの人」に感化されて、地元の観光を、真剣にマーケティングして、ときにおっさんらに怒られ、ときに自らキレながら、もそもそやっております。

このエピソードは、「風土記下津井」と、父が懇意にしていた「味野屋さん(吹上の味万)」への聞きこみでわかりました。

そろいも揃って貧乏人だらけの田之浦で、唯一光ることの一つだと思います。
どうかじゃんじゃん、自慢してください。田之浦のプライドのために!
Posted by: あぶらはっちゃく |at: 2014/04/15 6:07 PM












New Entries
Recent Comments
Archives
Category
Link
Search this site.
qrcode



NEWS&BLOG・建築随想
UP